小説家になろう(http://syosetu.com/)にて、活動しています。作品の更新告知を主としますが、書きたいように書きます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画の帯、保管するか否か
2013年08月04日 (日) | 編集 |
 漫画を買うと漏れなくついてくる

 「アニメ化決定!」

 「累計◯万部突破!」

 みたいな帯。

 別に取っておく必要はないと思うんですけども、私としては残しておきたい物なんですよね。高く売れるとかそんな理由じゃなく、何と言いますか、当時の思い出として大事にしたいんですよ。読んでいる最中にズレてきたり、本棚に並べる時に帯がくしゃっとなったりしますけど、やはり大事なんです。
 私はそれに加えて中に入っている新刊案内とかも保管するタイプです。Amazonさんや、その他ネット通販を利用した時には注文カードがついてきますが、それももちろん残します。帯と同じで読んでいる最中に邪魔になるのですが、そんなことは気にしません。

 とは言うものの、別に漫画を買い始めた時代から帯等を保管していたわけじゃありません。現在でも帯を残しておくきっかけとなった、あの時のことはよく覚えています。

 何だか壮大な物語でも始まりそうな気配がする書き方ですが、思っている以上に単純な理由で、父親から「お前帯とか捨てるんか。勿体ないのぅ」と言われたからです。その時捨てようとした帯はONE PIECEの30巻です。父親から注意(?)された時は反発して捨ててしまいましたが、どうにも心に引っかかりを覚えまして、それ以降帯や中身を取っておくようになりました。

 人が変わる瞬間っていうのは、本当に単純なもんです。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。