小説家になろう(http://syosetu.com/)にて、活動しています。作品の更新告知を主としますが、書きたいように書きます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界が平和でありますように
2010年11月18日 (木) | 編集 |
「世界が平和でありますように」

 この台詞はとうの昔に使い古され、今ではほとんど誰も使っていないのではないかと思ってしまうくらい、誰も口に出しませんね。実は筆者、この台詞(というか言葉)が好きです。良いじゃないですか、世界平和。核が無く、戦争もなく、差別もなく、貧富の差もない、言ってしまえば平坦な世界。起伏の激しい現代からは考えられないくらい、素晴らしい世界でしょうね。ばっさり切り捨ててしまえば、そんなこと有り得ないんですけどね。

 でも……。と最近よく考えます。仮に世界がさっき言ったような世界になったとしたら、我々のような創作を行う人たちはどうなるのでしょうか。歌手は、芸術家は、小説家は、漫画家は……どうなるんでしょう?
 当たり前のように育まれ、貴重さの欠片も失った愛を歌えるんでしょうか? 平和な光景だけをキャンバスに描き続けるんでしょうか? 何の問題ない、綺麗な家庭を紙に記していくのでしょうか? 何だか、そんな味気のないものばかりを創り出しても、面白みがないと思いました。もちろん、平和であればそれしか生まれないというわけではなく、それに逆らうかのように、戦争を取り扱ったり、理不尽な差別を扱ったりする作品も出てくるでしょう。

 ですが、やはり面白くない。創作をする者にとって、平和って、とんでもなく退屈なんですよね。
 さて、長くなるかもしれないので、続きは「READ MORE」からどうぞ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。