小説家になろう(http://syosetu.com/)にて、活動しています。作品の更新告知を主としますが、書きたいように書きます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクタと物語
2010年11月16日 (火) | 編集 |
 最近、いや、今に始まったことじゃないかもしれませんが、ライトノベルというものが劇的な人気を博しておりますね。「狼と香辛料」「灼眼のシャナ」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「とある魔術の禁書」などなど。ライトノベルは紙媒体の枠を飛び越えて、今や映像化が当たり前の時代になっています。

 では、何故にこうもライトノベルが人気なのでしょうか。ぱっと見ただけで考えられるのが、登場人物(キャラクタ)の可愛らしさではないでしょうか。書店などで表紙を見てみると、実に目を惹く可愛らしいキャラクタが前面に押し出されて、購買意欲をそそるというものです。

 等と言いつつ、実は筆者、ライトノベルをほとんど読んだことがありません。先程例として挙げた「狼と香辛料」の一巻だけと、「とある飛空士への追憶」を読んだだけであります。では何故、キャラクタが人気の秘密であると考えたのか。それは、読者の感想です。

 友人にライトノベルの感想を訊くと、大概「○○というキャラクタが可愛かった」「○○超強いよね」等と、キャラクタを褒めるものが大多数なのです。肝心の物語は? と問いたいところなのですが、場の空気をぶち壊しそうなのと、ファンに叩かれるんじゃないかという恐怖から、未だに訊けずじまいです。

 さて、そろそろこの記事の本題へ入りましょう。
 ここから、筆者の主観だらけでお話をさせていただきますので、続きは追記に書かせていただきます。気になる方だけ、「Read More」をクリックしていただければと思います。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。