小説家になろう(http://syosetu.com/)にて、活動しています。作品の更新告知を主としますが、書きたいように書きます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラが欲しい! 【対抗馬たち】
2013年09月25日 (水) | 編集 |
然としました。まさかオンリーワンの能力を持っていると思っていたカメラに対抗馬が出現するだなんて、考えてもいませんでした。そんな高性能なカメラがたくさんあるという事実に驚愕するしかありません。

Panasonic LUMIX FZ200

FUJIFILM Fine Pix HS50EXR

Canon Power Shot SX50HS


上記3機種は、P520に負けず劣らずの高倍率ズームを搭載しており、価格もそんなに大差ありません(それでも5千円程度の開きはありましたが)。
しかし画質はどうなんだろうか? 重さは? 液晶は? 使用感は?
色々なことが気になります。

まずは――ということで、該当機種を検索にかけてみました。
結論としては、どれも大差ない。
けれども、なんだか気になる箇所が一つありました。

それは撮影素子サイズ。
ちょろちょろスペックを見比べていると、1/2.3型とか1/2型とか書いてありました。なんでも、これが大きければ大きいだけいいとか。そんな僅かな差はわからないと思いますが、1ヶ月ほど前の私はそれを非常に重要と考えました。どうせ買うならより良い物を買いたい。純粋にそういう気持ちでした。

さあ、そうなると残るのがFUJIFILM Fine Pix HS50EXR。光学42倍、撮影素子は1/2型。当時の私はこれだけで大満足です。気に入ってしまったこの機種を更に検索すると

「一眼レフっぽい見かけで満足!」

「一眼レフではできない高倍率ズーム!」

「画質もコンデジとしては最高!」

など、思わず浮き立ってしまうようなレビューばかりが目に入りました。
そこでふと思いました。

このカメラのデメリットは何なんだろうか。

ざっとレビューを見た感じでは、重いということだけ。
実際に触ってきたので言いますが、私としては「別に?」という感じで、然程気になるものではありませんでした。じゃあ他には何かあるかな、と思い、作例を見てみることにしました。

そこで目に留まったのが、発色の良さ。
他機種では有り得ないレベルの発色の良さです。言ってしまえば、不自然なレベルです。そこを結構な人が「塗り絵画質」と揶揄していました。事実、私も不自然だなあ、と思いました。しかし綺麗です。ぱっと見ると、すごくいい。例え塗り絵画質だと揶揄されているとしても、とても魅力的に思えました。
液晶も綺麗ですし、バリアングルモニター搭載ですし、高倍率ズームも問題なし、手動ズームも格好いい。どこを取っても魅力しかありません。

さて、ここでFZ200とSX50HSに傾かなかった理由を書いておきましょう。
正直に言いますと、液晶の汚さとファインダーのお粗末さが原因です。HS50EXRと大差ないような気がしますが、当時の私には決定的な要素だったのです。他2機種の方が望遠端の最短撮影距離が短かったり、AF性能が高いというような話もありましたが、それは「野鳥撮影」という限られたシーンでの話でしたので無視しました。加えて、HS50EXRの方が、より一眼レフに見えるという点も他2機種では勝てない要素でした。
初めに目をつけたP520ですが、完全に眼中にありません。後々比較してみても、HS50EXRに勝てる要素が軽さしかないのです。

ここまでくれば、後は注文するだけ! ちょっとその前にネットの記事でも読もうかと、色々漁っていると、見つけてしまったのです。

「一眼レフ買ったったwwww」

というようなタイトルの記事。
読まなければこの時点で購入するカメラは決定していたというのに……。本当に、あの時さっさとぽちっとしていれば良かったと思います。

その記事は、CANON EOS Kiss X5 ダブルズームキットを買った、というもので、

「はいはい、でもお高いんでしょう?」

なんて笑いながら記事を読んでいたわけです。
しかし、そこに目を疑うようなものがあったのです。

ダブルズームキットで5万。

はいはい、お高いお高い――。

え? と、初めは目にしたものを信じられません。
そんな馬鹿な。一眼レフといえば20万とか30万とかするやつなんじゃないのか。それが5万で買えるとか、どんだけ型落ちした製品なんだよ。などと、ぐるぐると現実を見ずに妄想ばかり繰り広げていました。
改めて調べてみると、本当に5万円と少し出せば買える価格でした。しかも発売は2011年3月。そんなめちゃくちゃ前の機種とは思えません。
撮影素子も当然ながらHS50EXRとは比較にならず、レンズ込みにしたX5とHS50EXRの重量も差がほとんどありません。完全にHS50EXRの敗北です。

あんなでかいコンデジ(とは呼べない大きさですが)買うくらいなら、いっそのこと一眼レフを買えばいいんじゃないのか、と耳元で悪魔が囁きました。

「高倍率ズームがなくなる? あんなズーム使って何を撮るんだ。それより画質が優先だろう。綺麗な写真でにやにやしようじゃないか」

誘惑に負けました。
HS50EXRをAmazonのショッピングカートからほしい物リストへ移動させて、新たにX5を入れておきます。
そしてここから、一眼かコンデジかを悩む日々が始まるのです。


(続く)


※本記事にあるリンクは全て公式サイトの商品ページに繋がります。


スポンサーサイト
カメラが欲しい! 【高倍率ズームに憧れる】
2013年09月24日 (火) | 編集 |
ジタルカメラが欲しい!
そんなことを考え始めたのは2013年8月中旬くらいのことでしょうか。

事の発端は、ビックカメラにてNikon COOLPIX P520を触ったことでした。
店頭でP520を触ってみて

「なんだこれ! 一眼レフっぽい!」

というような感想を抱きました。

ふーん、格好いいなぁ、などと思いながら商品説明を見てみると、何と光学42倍ズームだなんて書いてある。カメラのことなんて全く知らない私からすれば、それは未知の領域です。え? 光学ズームって2倍とかくらいじゃないの? って感じです。

試しに店内の遠くを狙ってズームしてみると、またびっくり。

「あんなちっちゃい看板の文字が見える!」

「こんなにズームしてるのに画質劣化してない! すごい!」

本当に感動の一言でした。

溢れ出す物欲を抑えるために、その場は一旦機種名のみをメモして撤退。

後日最安値等を検索すると、当時(2013年8月中旬)でも3万円ちょっとの値段。
作例を見てみるとどれも美しい写真で、更に興味が惹かれます。

安すぎる。何でこんな性能のカメラがこんな値段で売れるのか……。
時代の流れをひしひしと感じた瞬間でした。

そもそも、私は今までデジタルカメラ(スマホカメラを除く)を触ったことがほとんどありません。触ったことがある機種といえばRICOH Caplio RR330という、2004年に発売されたカメラのみでした。と言ってもそれは父親の所有物でしたので、私が弄くり回すことはできませんでした。本当に1回か2回程度触っただけです。
現在使用しているPCにRR330で撮影した写真のデータが残っていますが、今発売されているコンデジとは悪い意味で一線を画する代物です。当時、これでも結構なお値段がしていたと思います。

それがどうでしょう。
恐らく値段は似たようなものなのに、性能差は歴然としています。
これに時代の流れを感じないわけにはいかないでしょう。

さて、話を戻します。
価格.comにてP520の作例を見ていると、月の写真がとても多いことに気づきました。
なるほど光学42倍ズームです。綺麗です。

ん? 待てよ……?

「月なんて撮れるの!?」

高倍率ズーム、画質、月――と、三度目のびっくりです。
こんなのプロの写真家がプロの機材を使わないと撮れないようなものじゃなかったのか。実際はそんなこともないのかもしれませんが、私はド素人。感動を隠せません。

その時、あー、そういえば、とスマホカメラの不満を思い出しました。

ズームがクソ

この一点です。
画質に関して言えば、別段印刷するわけでもありませんし、鑑賞できる程度のものであれば何の問題もありませんでした。しかし、ズームとなると話は別です。
植え込みに入れない時や、対岸にある綺麗な花を撮る時など、ズームが必要になってきます。どかどか、じゃぶじゃぶと障害物を踏み越えて被写体に近づいて行くわけにはいきません。
それなりにズームできると言えばできるんですが、画質の劣化が凄まじい。こんなもの、撮れたとしても鑑賞できるレベルではありません。
そういうわけで、撮りたい写真を撮れずに唇を噛むことがしばしばありました。

その不満を解消してくれる、希望の光を射し込ませてくれたのがP520。
この機種ならば画質も良いし、安いし、ズームもできるし――。
私の腹中で沸々と煮え滾っていた不満を綺麗に取り除いてくれる!

こんなカメラ、二度とない。
そう短絡的に考え、Amazonでぽちっとしようとした時でした。

対抗馬の存在が目に入りました。

Panasonic LUMIX FZ200

FUJIFILM Fine Pix HS50EXR

Canon Power Shot SX50HS


ここから、私のくだらない苦悩の日々が続くことになります。



(続く)


※本記事にあるリンクは全て公式サイトの商品ページに繋がります。

焼鯖素麺(in成駒家さん)
2012年08月12日 (日) | 編集 |
【焼鯖素麺】
焼鯖素麺(やきさばそうめん)とは滋賀県長浜市周辺の湖北地方に伝わる郷土料理。鯖素麺(さばそうめん)とも呼ばれる。
農繁期である5月に、農家へ嫁いだ娘を持つ親が忙しい娘を気遣い、実家から嫁ぎ先に焼鯖を届ける「五月見舞い」という湖北地方独特の習慣に由来する。農繁期に気軽に作って食べられる料理として、また客をもてなす際などのハレの料理としても伝えられてきた。湖北地方は内陸に位置するが、比較的近い地域に若狭湾という鯖の産地があるため、鯖は一般的な食材であった。
もともと家庭料理であるが、最近では長浜の名物料理として観光資源化する動きがあり、観光客向けに焼鯖素麺を出す料理店も増えつつある。

(Wikipediaから引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%BC%E9%AF%96%E7%B4%A0%E9%BA%BA

 焼鯖×素麺か。
 どちらが攻めで、どちらが受けなのだろうか……。

 なんという異様な組み合わせだろう。
 しかし、何故か胸がときめいてしかたない。
 
 食べたい……。
 そして焼鯖と素麺の絡みを見たい!

 ならば長浜へ行けばいいじゃない!

 ということで、長浜へ行ってきました。

 (本記事では焼鯖素麺だけの為に長浜へ行ったかのように見えますが、観光もしています)



DSC_2018.jpg


 

 ドーン!!!!

 参りましたは「成駒家」さんです。

 場所は長浜駅のすぐ近く。黒壁スクエアの近くとも言えるような絶妙な位置にあります。
 
 んー、どうすれば位置がわかりやすいかな。

 等と考えていて発見したのですが、成駒家さんの公式ウェブページがあるではないですか!

 ならばここでうだうだ書くよりも見てもらった方が早い!

 【成駒家】
 http://narikomaya.net/


 古風な店構えで、かなり情緒を感じさせます。
 加えて駅前から少し外れた位置にありますので、とても周囲は静かです。

 店内の写真やアクセスはウェブページを参照してもらうとして、いざ焼鯖素麺!

 
DSC_2017.jpg



 ドドーン!!!!


 あ、意外とまとも。
 
 Wikipediaに載っている作り方では煮汁で素麺を煮込むと書いてあったので
 もっと色の濃い(黒い)素麺だと思っていただけに、ちょっとホッとしました。
 (あまりに色が濃いと食欲が失せそうです)

 それにしても、この焼鯖素麺……。

 鯖がでかい!

 しかも二匹入ってる!

 Wikipedia先生の記事では「主食」としてよりも「おかず」として食べられる。
 って書いてあるのも納得だ。

 だけど普通の焼鯖素麺と違うのが成駒家さんの焼鯖素麺。

 まずWikipedia先生に載っている写真とは違って、素麺が白い。
 店の人に聞くところでは、

 「普通の焼鯖素麺は煮汁で煮込むんだけど、そうすると味が濃いでしょ? だからうちは煮込まないの。うちはかなり食べやすいんですよ」

 とのこと。

 一口啜ると、

 うん、美味い!

 濃い味の汁とプレーンな素麺がベストマッチ!
 こりゃあ麺まで煮込んだら味が濃すぎて食べられんわ。

 これは主食として食べられる! 

 成駒家さん、グッジョブです。

 さて、メインの鯖をいただこうか。

 と、ここで店員さん。

 「それは骨まで食べられますからね」

 とのこと。

 本当かよ…………。

 僅かな猜疑心を振り払って一口がぶり。

 ……。

 …………。

 あ、骨だ。

 ……………………。

 食えるじゃん!

 骨までめっちゃ柔らかい!

 そしてうめえ!

 ばりばりとプレーンな素麺と濃い味の鯖をかきこみ、軽く完食致しました。
 美味しかった。

 いやー、なんというか、イメージで料理を判断するもんじゃないですね。
 焼鯖×素麺とか、どんな腐女子の発想だよw
 って感じでしたが、食べてみたらびっくりな美味しさでした。

 それに店の雰囲気も店員さんの話も面白く、僅かな時間でしたが有意義でした。

 成駒家さん。
 どうもごちそうさまでした!
 また長浜へ行く機会があれば立ち寄らせて頂きます!



明けまして
2011年01月07日 (金) | 編集 |
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。



創作コンテスト
2010年07月06日 (火) | 編集 |
去年知ったこと。

それは私の通っている大学で「創作コンテスト」なるものが開催されていたことです。

この創作コンテスト

・ジャンル不問
・40*35の形式で約30,000字までOK
・賞金あり(上から、10万円、5万円、3万円、1万円、3千円)
・優秀賞以上は大学の冊子に掲載される

というもので、結構美味しい企画なのです。

去年の今頃、つまり駆け出しだった(今もそうだけど)私が出しても受賞できるような、
そんな簡単な、とっても門の広いものです。

去年は惜しくも(?)優秀賞を逃し、奨励賞止まりでした。
そして最優秀賞は過去何年か該当者がいなかったとか。

今年は私がとってやるぜ! と意気込んでいるのですが、これまた困ったことに

約30,000字で収まりそうなネタがない!

のです。

適当に今から考えるしかないのですが、いやはや、どうしたものか……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。